交通事故に合ってすぐは痛みが出ないことが多く、落ち着いた頃に痛みが発生することが多いため、事故後の対処も重要になります。
交通事故後の流れと注意すべきポイントについてまとめましたので、参考にしてください。

交通事故治療の流れ

交通事故治療は一般的に、以下の流れで進められます。

  • 医療機関の受診
  • 保険会社へ連絡し診断書の提出
  • 整骨院に通いながら治療を受ける

まずは病院を受診し、診断書を発行してもらいます。この診断書は、自賠責保険や任意保険を利用した治療を受けるために必要です。診断書が発行されたら速やかに保険会社に連絡し、事故の状況や怪我の程度を説明します。

自賠責保険や任意保険が適用される場合、原則として治療費の自己負担はありません。
保険の適用条件については加入している保険によって異なるため、詳しくは保険会社にお問い合わせください。

疾患そのものの治療が終わったら、リハビリが行われます。継続的なリハビリは症状の再発防止だけでなく、関節や筋肉の機能維持に効果的です。

交通事故治療で注意すべきポイント

交通事故治療の施術内容によっては、関節の拘縮や予期せぬ痛みが生じる可能性があります。
ここでは、交通事故治療の注意点について詳しく見ていきましょう。

交通事故治療の施術内容によっては、関節の拘縮や予期せぬ痛みが生じる可能性があります。

関節の拘縮

拘縮とは動きが制限されたり、そのままの形で固まったりしてしまうことです。

事故による衝撃によって、一時的に関節が動かしにくくなることがあります。そのまま放置すると関節がさらに固まってしまうため、早期の改善が必要です。 適切な治療やリハビリを受けることで、関節の可動域回復が期待できます。

患部の予期せぬ痛み

事故直後は痛みを感じなくても、時間が経つにつれて痛みが出てくる可能性があります。
また、むち打ち症のように、数日後に症状が現れるケースも少なくありません。

交通事故治療やリハビリの過程で予期せぬ痛みが見られる場合はただちに担当の先生に相談しましょう。

後遺症の慢性化

交通事故で見た目のケガ以上に恐ろしいのが後遺症の慢性化です。
慢性化した後遺症は、治療が難しくなるだけでなく、日常生活にも大きな影響を与えます。


たとえば、首や肩の痛みが慢性化すると、仕事や家事のパフォーマンスが低下したり、趣味を楽しめなくなったりする可能性があります。

交通事故後の後遺症を残さないためにも、早期の治療が大切です。また、早期に治療を開始することで、症状の悪化を防ぎ、早期回復につながります。

綱島・新吉田のフジタ整骨院の交通事故治療はここが違う!

ここからは「フジタ整骨院」のおすすめポイントを御紹介します。

丁寧なカウンセリング

フジタ整骨院では、患者様ひとりひとりの症状やご要望を丁寧にヒアリングし、最適な治療プランを御提案しています。
治療に関して御不安な点がございましたら、施術前に御相談ください。

経験豊富な専門スタッフが在籍

フジタ整骨院には経験豊富な専門スタッフが在籍しています。 今まで14,000人以上の患者様に、治療を行ってきた経験と実績が当院の大きな強みのひとつです。国家資格を持つスタッフが患者様の症状に合わせた適切な治療を行います。

子どもからお年寄りまで安心して受けられる

フジタ整骨院は、お子様からお年寄りまで幅広い年齢層の患者様に対応できるよう、さまざまな工夫を凝らしています。
症状やライフスタイルに合わせて、1人ひとりに最適な治療プランをご提案いたしますので、安心して御来院ください。

最後に

この記事では、綱島・新吉田にあるフジタ整骨院の交通事故治療について詳しく解説しました。
交通事故によるケガは、後遺症を残さないためにも早期治療が欠かせません。

フジタ整骨院では、経験豊富な専門スタッフが患者様ひとりひとりの症状に合わせた最適な治療プランを御提案いたします。ぜひお気軽に御来院ください。