痛みの原因は患部とは限らない

コロナウイルスの拡散によりテレワークが定着しているのはご承知の通りだと思います。

フジタ整骨院から最寄り駅である市営地下鉄新羽駅周辺の患者様も良く来院されます。

最近特に多いのが「ぎっくり腰」の患者様です。

ぎっくり腰も程度があり、軽度なものから重度なものまであります。

ぎっくり腰とは何か?

別名「急性腰痛」と呼ばれます。

正式な傷病名で言えば「腰椎捻挫」とも言います。

そうです、ぎっくり腰は捻挫であり、ケガなのです。

先日、プロ野球で北海道日本ハムファイターズの中田翔選手が試合中に急に腰を痛め担架で搬送されると言う一面もあり、病院で急性腰痛と診断された事がありました。

酷いものになると立ち上がるのも出来ないくらい痛い症状なのです。

整骨院はケガの治療が行えるところなので、捻挫と言う怪我が一番多く来院されます。

捻挫の中でも一番多いのは腰椎捻挫です。

では、なぜぎっくり腰(急性腰痛・腰椎捻挫)はここまで多いのでしょうか?

腰の筋力低下?

腰の筋肉が硬い?

腰の疲れ?

腰はよく使うところだから?

どれも間違えではありませんが、一番ぎっくり腰の原因となっているのは、全身疲労及び全身のバランス不良からくるものが殆どです。

様は腰だけが原因となっていることは少ないです。

当院では、ぎっくり腰で来院された患者様の治療の際には殆ど腰は触りません。

主に腰に関連している周りの筋肉を緩めていく事で、殆どの症状が緩和します。

特にと言うか、100%と言っても良いほど関連している場所は「臀部=おしり」です。

おしりの筋肉は骨盤の角度に影響を及ぼします。

即ち、姿勢に関連するのでおしりの筋肉が硬くなると骨盤が傾き、自然と腰に負担の掛かりやすい姿勢になってしまいます。

また、筋膜と言って全身をボディースーツの様に覆っている筋肉の膜があり、臀部と腰はその膜の繋がりが特に強いところでもあります。

なので臀部の筋肉を緩めていくだけでも大分腰痛は緩和します。

他にも腰に関連するところとしては、「腹筋」です。

意外なところかもしれませんが、腹筋も背筋と繋がっています。

ぎっくり腰や腰痛を長い事か変えられている人は、この腹筋がカチカチになっている事が多く、ここも緩めていくと腰痛が緩和します。

後は、広背筋と言って腰から腕に繋がる大きな筋肉も関連しています。

なので、肩を緩めてあげる事で腰痛も緩和します。

他にも、足の筋肉。

下半身の筋肉は全身の筋肉の70%を占めるとも言われ、自覚症状が無くても足に疲れが溜まっていたりすることも腰痛の大きな原因です。

要は腰には全身の筋肉が関連しているということですね。

なので腰そのものの筋肉を緩めるためにも腰以外の筋肉を特に緩めてバランスを整え、全身の動きの協調性を整えていく事が大事なのです。

腰にフォーカスしてしまいましたが、他の部分でも同じことが言えます。

首で言えば、肩甲骨周りの筋肉や胸の筋肉を緩めてあげる事が効率的です。

肩関節の痛みを取るには腕の筋肉を緩めます。

肩関節は人体の中でも最も不安定な関節と言えます。

例えて言うのであればお刺身用の小さいしょうゆ皿にメロンが乗っかっているような感じです。

メロンはちょっと言いすぎたかもしれません(^-^;

リンゴ位ですかね。

直ぐに転げ落ちやすいと言う意味です。

人体で言えば脱臼しやすいと言うことです。

脱臼という怪我は稀なのでそこまで多くありませんが、フジタ整骨院に来られる脱臼の患者さんで一番多いのは、小児の肘関節の亜脱臼である肘内障の患者さんが来院されます。

その次に肩関節脱臼の患者さんが多いです。

話が脱線してしまいました(^^;

脱臼しやすい肩関節を安定させる為に四方八方から筋肉がついていて肩を安定させています。

よくある五十肩の治療などでも肩だけを治療していても中々五十肩は治りません。

やはり、ぎっくり腰と同様に繋がっている周りの筋肉を緩めてあげる事が必要です。

肩関節自体を触らなくても周りの筋肉を緩めていくだけで、これも大分可動域が変わります。

股関節に関しても腹筋や太もも、おしりなど。

膝に関しては股関節と足首の動きが深く関連しています。

膝関節はドアの蝶番の様なもので単純な曲げ伸ばし運動は非常に得意としている関節ですが、内旋・外旋と言って捻じれが加わると非常にストレスを感じます。

そこで膝の動きと深く関係してくるのが、股関節と足首の関節です。

股関節の周囲の筋肉が硬くなってくると股関節が内旋(内捻じれ)する事が多く、膝関節にも捻じれストレスが持続的に加わり膝を痛めてしまいます。

足首も同様です。

従って股関節や足首に関連している筋肉を調整していく事で膝への負担を減らす事が出来、痛みを軽減していく事に繋がります。

外傷で直接患部をぶつけた、捻った、引き伸ばした場合は患部のみに損傷がある事が殆どですが、痛みの原因と言うのは痛みが出ている所だけにあるとは限らないのです。

痛みと関係している所を見つけ出し、関係している部分を調整していく事で早く痛みの軽減に繋がります。

フジタ整骨院は新羽駅周辺でも無料駐車場がある希少な整骨院です。

Prev:怪我を早く治す