整骨院と整形外科の違い

今回は整骨院と整形外科の違いについて説明していきます。

 

その前に、「整骨院と接骨院は何が違うのですか?」

 

と言う質問もよく頂きます。

 

答えは、整骨院も接骨院も全く同じです。

 

院長の好みで「整」にするか「接」にするかを決めています。

 

他にも「ほねつぎ」と言ういい方もありますが、これも同じ意味をします。

 

さて、本題に入ります。

 

整骨院と整形外科は似ているようで全くの別物です。

 

何が違うかと言うと

 

◎資格

・整形外科 医師免許

・整骨院  柔道整復師免許

 

◎診療科目

・整形外科 筋肉・骨・関節・神経に対する病気や怪我の治療

例 リウマチ・ヘルニア・脊椎管狭窄症・骨粗鬆症・骨腫瘍・骨折・脱臼など

 

・整骨院  筋肉・骨・関節に対する怪我の治療が専門

例 骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷・ぎっくり腰・寝違え・突き指など

 

◎治療方法

・整形外科 レントゲンやMRIなどの精密検査をもとに薬や注射、手術などによる治療方法が主。

 

・整骨院  視診・触診・徒手検査をもとに物理療法(電気治療や温熱)や手技療法(徒手整復やマッサージなど)が主。

必要に応じて、テーピングやギプスシーネなどで固定を行う。

 

整形外科と整骨院で診療分野が被る点としては外傷に対しての施術です。

 

よく患者さんからの問い合わせとして「怪我をしたんだけど整形外科か整骨院のどちらに罹った方がいいですか?」と聞かれます。

 

答えはどちらも正解です。

 

整形外科に行くメリットとしては

・レントゲンがあるので正確な診断が早期に受けれる。

・薬や注射などで早期に痛みを緩和できる。

 

整骨院に行くメリット

・レントゲンや薬は使わないので人体への副作用がない。

・骨への損傷の有無に関わらず怪我の程度に合わせた十分な処置が受けれる。

・自然治癒力を向上させるための治療の為、早期回復が望める。

 

整形外科は骨・関節・筋肉・神経などの病気や怪我を総合的に扱っておりまが、整骨院は怪我に対して専門的に扱っています。

 

骨折して骨が極端に転位(曲がってズレてしまっている状態)してしまっているような大きな骨折や骨が皮膚を貫通してしまっている様な複雑骨折は手術を要する場合もありますので整形外科での診察が適しています。

 

日常的に起こる怪我やスポーツで起こる単純な脱臼や骨折、捻挫などは整骨院で十分治療できます。

 

特に捻挫や肉離れ打撲の様にレントゲンでは異常が確認できない怪我については整骨院が最も治療を得意とする分野になります。

 

我々柔道整復師は「手当」をする事が業務の基本となります。

 

レントゲンやMRIなどの精密検査ができない分、目で見て、手で触って症状を鑑別していくことに特化しています。

 

従って我々柔道整復師の指頭感覚(指先の感覚)は普通の人より感度が高いと自負しております。

 

交通事故でのむち打ちも、正式には頸椎捻挫と言ってレントゲンでは異常を認める事ができないものが殆どです。

 

しかし、触診をしっかり行っていくと悪いところは直ぐに分かります。

 

骨に異常がないからと言って、そのまま放置しておいては症状が慢性化し長期に渡り痛みが長引いてしまったり、自律神経症状の頭痛やめまい、痺れなどを起こしてしまうことも珍しくありません。

 

整形外科のお医者様の仕事は症状を的確に見極め診断をつけ、治療方針を見出す事が仕事かもしれません。

 

我々柔道整復師は、柔道整復術を用いて急性・亜急性の怪我や痛みを慢性化させない様に物理療法(電気治療や温熱治療)手技療法(徒手整復やマッサージやストレッチ)を用いて一定期間反復継続した刺激を加え続けることによって損傷した組織を整復していく事にあります。

また薬や注射、手術をせずに人間の本来持っている自然治癒力を高める手助けを行っていきます。

 

しかし、我々柔道整復師の治療方法には限界があるのも事実です。

 

いくら問診や徒手検査を丁寧に行っていっても、MRIやレントゲンなどを行ってみない事には確定診断ができない事は事実です。

 

自然治癒力を高めると言っても何でも治るわけではありません。

 

症状によっては薬や注射を行い手術を行ってもらった方が早く痛みが緩和し、回復が早まるものも、もちろんあります。

 

柔道整復師の最大の弱点は診断力でしょう。

 

骨折や脱臼などの外傷を扱う医療にとって今の時代欠かせないのがレントゲンだと思います。

 

勿論、視診、触診、徒手検査による診断力の向上に毎日務めておりますが、やはり科学の力には及ばないところもあります。

 

そこのところを加味して我々は日々業務にあたっています。

 

骨折や脱臼の疑いがある方や、重度の捻挫や挫傷、症状の変動が乏しい腰痛や神経痛などは常に医師に診察を仰ぎ、正確な情報の元、施術を進める様にしています。

 

なぜならそれが患者さんにとって一番ベストな施術になると考えています。

 

腕の良い柔道整復師とは自分たちの業務範囲または、守備範囲をしっかり理解していることかと我々は思っています。

 

フジタ整骨院ではより患者さんにベストな施術を提供し1日も早く痛みを取り除き早期復帰を手助けする為に、しっかりと自分たちの業務範囲を理解し逸脱の可能性があるものは早い段階で整形外科や専門医の診察を仰ぐように患者様にお伝えするする事を大切に考えております。

 

 

Prev:正しい姿勢を身につける
⚽サッカー選手に多い怪我⚽:Next