どんな症状も私たちにご相談下さい!

ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

2020年08月11日

熱中症はこわい

8月もあっという間に半ばになり、夏休みの学生さんたちからは部活の合宿や強化練習などのお話を聞く機会が増えました。普段以上に頑張っているためか、そういった部活動時の怪我が増える季節でもあります。

しかし、ここ数年の異常な気温上昇で最高気温が当たり前のように35度を超えており、怪我だけでなく熱射病・熱中症にも今まで以上に気を付けなくてはならない季節にもなってしまいました。

汗で流れていってしまう体内の水分と塩分の補給、熱疲労による全身の倦怠感やめまいなどの症状を防ぐための休息が主な対策ですが、ひとたびスポーツに没頭してしまうとなかなかマメな休憩をとることを忘れてしまいがちです。

特に子どもは汗腺が未成熟で代謝が良いために体温が上がりやすく、また本人が気が付かないうちに脱水症状が進んでしまうと、意識障害や全身の痙攣・心肺停止となって重篤な後遺症が残ったり、最悪の場合、命を落とす危険があるため周りの大人はいつも以上に水分補給や体調管理の気を付けてあげなければなりません。

そして今年は感染症対策のためにマスクをしているため、喉の渇きに気が付きにくく、大人でさえめまいや四肢の痙攣を感じて初めて脱水状態にあることに気が付く方も多いようです。

 

もしもそういった症状がみられる場合は、速やかに水分を取り涼しい場所で休息をとりましょう。

普段の水分補給ならば、ミネラルウォーターや麦茶が良いとされていますが、症状が出ている場合には塩分も同時に取れる経口補水液(OS1など)を少しずつ飲んで、水で濡らしたタオルを首・四肢の付け根にあてながらゆっくりと体温を戻してください。

意識がはっきりしない・呂律が回らないなどの症状がある場合は、重度な脱水状態である可能性が高いため、すぐに救急車を呼びましょう。

 

「熱中症」と「脱水」という言葉はもう毎年よく聞く言葉になってしまいました。

予防も耳がタコになるほど聞いているかもしれません。

ですが、運動することと汗をかくことが切っても切れない関係にある以上、そこに熱中症の危険は付きまといます。

 

怪我をしたらフジタ整骨院で治療できますが、熱中症は予防・防止が大鉄則です。

水分取りつつ休みつつ、この猛暑を乗り切りましょう。

投稿者 フジタ整骨院

フジタ整骨院 〒223-0058 神奈川県横浜市港北区新吉田東6-31-6 045-541-5625 駐車場/4台分ございます。
営業時間について 月曜日~土曜日・祝日 [午前] 9:00~1:00[午後] 3:00~7:00 休診日 日曜日 ご予約など、お問い合わせはコチラ

TOPに戻る