どんな症状も私たちにご相談下さい!

ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

2018年08月07日

夏血栓

血栓は、血管の中に血液に含まれるタンパク質や血小板などが溜まり、この血栓の塊が血管からはがれ、脳の細い血管に詰まり、それより先の細胞が壊死して脳梗塞になります。その血栓が心臓に詰まれば心筋梗塞、 肺に詰まれば肺血栓塞栓症になります。

 

夏は涼しい屋内にいると、のどの渇きに気づかず脱水症状になってしまったり、猛暑の屋外で脱水症状になることがあります。脱水症状になると、血液がドロドロになり、血栓ができてしまう場合がありますから注意が必要です。のどが渇いたからと、水分補給にとアルコールを摂取してしまうと、利尿作用で体の水分がさらに失われて血液が固まりやすくなり、 知らずに脱水症状になる場合があります。また、デスクワークや、車の運転など、長時間同じ体制でいるのは、血管が圧迫され血流が悪くなってしまいます。

 

血栓予防として、1時間に水分補給100㎖を目安に、こまめに水分補給することです。のどが渇いてから水分補給するのでは遅いので注意しましょう。また、血液をサラサラにする、青魚や玉ねぎ、納豆を食べるのも良いでしょう。

投稿者 フジタ整骨院

フジタ整骨院 〒223-0058 神奈川県横浜市港北区新吉田東6-31-6 045-541-5625 駐車場/4台分ございます。
営業時間について 月曜日~土曜日・祝日 [午前] 9:00~1:00[午後] 3:00~7:00 休診日 日曜日 ご予約など、お問い合わせはコチラ

TOPに戻る