どんな症状も私たちにご相談下さい!

ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

2018年01月31日

1月31日(水)

おはようございます。受付植田です。
1月最後の本日、一カ月はあっという間ですね。
今年はとっても寒いので、身体は縮こまりっぱなしです、。
先生方からも受付の後ろから指摘を受け、はっと背筋を伸ばし苦笑いです。
上に上に伸びていきましょう♪
身体が縮こまっていると、身体の中からあたたまる物を欲しますね(*^。^*)
最近のマイブームは大根鍋です。しっかり出汁を利かせたスープに、好きな青物、お豆腐(必須)。そこに、大根をたっぷりスライス、もしくはみぞれ風におろしでも。たっぷり投入!!
ヘルシーに美味しく簡単にいただけます~

明日からの2月に向かって元気にがんばっていきましょうKiss

フジタ整骨院、院の前の道路もすっかり雪はなくなりました!
みなさまのご来院お待ちしております~
只今比較的お待ち時間なくご案内できております(10時現在)


投稿者 フジタ整骨院 | 記事URL

2018年01月30日

ネギの栄養

ネギの青い部分と白い部分で、栄養成分に違いがあります。

 

ネギの青い部分は香りがいいので、炒め物や薬味として活用しますが、栄養素としてはβカロテチン(ビタミンA)が豊富です。その他にカリウム・葉酸・ビタミンKやカルシウムが含まれています。

ネギのβカロチン(ビタミンA)は夜盲症(いわゆる、とりめ)といわれる症状の予防が期待できます。また、粘膜や皮膚の健康にも欠かせませんし、免疫力アップも期待することができるのです。

ビタミンKや葉酸は、それぞれ骨の形成や血液を作るためには欠かせない栄養素です。

 

ネギの白い部分は甘味があるので、焼き鳥や煮込み料理に使われますが、栄養素はビタミンB1の吸収を高め、疲労回復や体を温める効果のあるアリシン(硫化アリル)が含まれています。その他にカルシウムやカリウムも含まれています。

 

ネギの青い部分の方が栄養豊富ということになりますが、薬効成分のアリシンは白い部分のほうが豊富なのです。βカロテンもアリシンも抗酸化作用があるので、ネギ全体をバランスよく食べるのが良いでしょう。

投稿者 フジタ整骨院 | 記事URL

2018年01月29日

善玉菌

ヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれる乳酸菌やビフィズス菌は、整腸作用ばかりではなく、内臓脂肪の低減や感染予防など、菌の種類によって効果多様な善玉菌です。

腸の中には多種多様な腸内細菌がすみ着いています。その数は9千兆個ともいわれ、体内の全細胞数の150倍にも及びます。

これらの腸内細菌の中には、有毒物質を作り出す菌の活動を抑えて腸内環境を良くしたり、体の免疫機能を高めたりするものなど、様々な機能を持つものがあります。また最近では、肥満型とやせ型の人では腸内細菌の構成が異なるほか、腸内環境は病気や不調とも密接にかかわることがわかってきました。

 

腸内細菌のうち、善玉菌といわれる菌はごく一部なので、食べ物で善玉菌を補います。最近では、整腸作用以外の乳酸菌の効用が注目されています。乳酸菌やビフィズス菌は、免疫細胞のバランスを整えるなどの作用により花粉症などのアレルギー症状の改善効果があります。

 

これらの乳酸菌やビフィズス菌が入っているヨーグルトや乳酸菌飲料は、とるタイミングが重要です。乳酸菌や、ビフィズス菌は、胃酸に弱いので、胃酸が薄まり影響を受けにくい食後にとると良いようです。

投稿者 フジタ整骨院 | 記事URL

フジタ整骨院 〒223-0058 神奈川県横浜市港北区新吉田東6-31-6 045-541-5625 駐車場/4台分ございます。
営業時間について 月曜日~土曜日・祝日 [午前] 9:00~1:00[午後] 3:00~7:00 休診日 日曜日 ご予約など、お問い合わせはコチラ

TOPに戻る