どんな症状も私たちにご相談下さい!

ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

2018年04月11日

4月11日(水)

おはようございますSmile水曜日受付植田です。
関東ではソメイヨシノは終わり、ちょうど今頃は八重桜の濃い桜色が
また違った趣で春を彩ってくれていますね。
私は明日関東から離れ、高遠の桜を観て今春の締めくくりにしたいと思います♪

長野県伊那市の高遠の桜は「天下第一の桜」といわれ、
一度は見てみたい桜の名所となっています。

ソメイヨシノの白色と違い、高遠の桜は赤みを帯びたタカトウコヒガンザクラという品種です。
見ごろは4月中旬ですが、今年はやはり全国的に開花は早く、
つい2日前より、はらはらと散り始めいるようです^_^;
明日まで待っていて!!と心の底から願うばかりです。

フジタ整骨院も4月の第2週目に入りました。
学生さんや新社会人の患者さまも良いスタートを切るなか、
お身体のお辛いところを少しでも早く回復出来る様、お手伝いさせていただいております。
本日もよろしくお願いいたします

※只今比較的スムーズにご案内できております(AM10:00現在)






投稿者 フジタ整骨院 | 記事URL

2018年04月10日

うどん

麺は小麦粉に2%~6%程度の塩を加えた生地から作られますが、それは小麦粉のグルテンを引き締め、生地の弾力性を増加させるためです。生地に加えた塩分の90%前後は、茹でる間に麺から失われます。また、ごく少数ながら全く塩を使わずに作られるものもあります。

 

うどんのコシとは、柔らかくて張力のある状態で伸長度のことです。食感の硬いものをコシがあると認識されている場合がありますが、これは間違いで、歯で噛んだ際に弾力のあるものがコシです。

例えば讃岐うどんの場合、伸長度が1.7倍で、5cmのうどんを引っ張り8.5cm以上切れずに伸びる状態をコシがあるとしています。小麦粉に水と塩を加えてこねると、小麦粉に含まれる蛋白質のうち弾力性に富むグルテニンと、粘りが強いグリアジンが絡み合ってコシを生み出します。

讃岐うどんや稲庭うどんでは強いコシが求めらますが、関西や九州などではコシが強くないうどんを好む人も多いようです。

投稿者 フジタ整骨院 | 記事URL

2018年04月09日

新燃岳

新燃岳(しんもえだけ)は、九州南部の霧島山中央部に位置する活火山です。

標高1421メートル、火口の直径は約750メートルです。霧島屋久国立公園の特別保護区域となっており、鮮やかなエメラルドグリーンの火口湖を始め、活発な火山活動ゆえの風景を楽しむために登山する人もいます。

記録に残っている範囲では、江戸時代より火山活動が活発となり、近年に至るまで何度も噴火しています。2011年に大規模な噴火が起こり、降り積もった火山灰が厚さ1センチメートル以上となった場所の総面積は約200平方キロメートルに及び、2014年には、噴火警戒レベル2(火口周辺規制)に指定されました。

今年4月5日未明の噴火活動では、火口から約5千メートルまで高く上がりました。この爆発的噴火で、大きな噴石が火口から約1・1キロまで飛び、その後も噴火があったため、火山灰の摩擦による火山雷の発生も確認されました。

投稿者 フジタ整骨院 | 記事URL

フジタ整骨院 〒223-0058 神奈川県横浜市港北区新吉田東6-31-6 045-541-5625 駐車場/4台分ございます。
営業時間について 月曜日~土曜日・祝日 [午前] 9:00~1:00[午後] 3:00~7:00 休診日 日曜日 ご予約など、お問い合わせはコチラ

TOPに戻る