どんな症状も私たちにご相談下さい!

ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

2017年12月01日

結露

暖房を使い始めると結露が気になりますね。

そのままにしておくとカビの原因にもなります。

そのカビは空気中に胞子をまき散らすなどアレルギーへの影響も

懸念されます。

一番危険なのは「床」 それも床と布団の間に出来る結露です。

成人は寝ている間に約コップ1杯分の汗をかくと言われています。これを布団が吸い込んでフローリングまで届いたとき、もうそこはカビのワンダーランド、いわゆる「結露状態」になっています

また、部屋の乾燥を防ぐために加湿器を使用しますが、それでも肌の調子が悪い時はダニが発生していることも考えられます。

ダニが発生すると、かゆみ・腫れ・ニキビ・喘息など様々な病気の原因になるといわれています。

結露を防ぐには、水分の多い空気を部屋の外に追い出すこと、つまり換気(=空気の入れかえ)をすることが一番です。

1回10分程度が目安。寒いときには少々つらいですが、これをするだけでもだいぶ違います。窓を2カ所開け、空気の通り道を作りましょう。

結露を防いで、快適な生活を心がけましょう!

投稿者 フジタ整骨院 | 記事URL

2017年11月29日

11月29日(水)

こんにちは。受付植田です。
11月最後の水曜日となりました。

平成29年11月29日(291129)にく!いいにく!(肉!いい肉!)の日ですね(#^.^#)
今日は美味しいお肉、絶対に食べるよ~♪と、気合いの入った患者さんもいらっしゃいました♪
私も美味しいお肉食べて12月へ向けパワーアップしていきたいと思います。
肉肉肉Love

フジタ整骨院、只今診療受付中。(1時まで)
午後は3時から7時です。

投稿者 フジタ整骨院 | 記事URL

2017年11月28日

ビオチン

ビタミンには、水溶性のビタミンが9種類、脂溶性のビタミンが4種類と、合計13種類があります。

ビタミンCやAは単体なのに、ビタミンB群だけなぜ“群”なのかといえば、発見当初は1つのビタミンだと思われていたからです。でもその後の研究で複数の物質が混ざったものだということがわかり、ビタミンB群というグループになったのです。

 

ビタミンB群は、あらゆる種類の補酵素として働く栄養素で、タンパク質や糖質、脂質の代謝など、生命活動に深く関係しています。ビタミンBはグループとして複合的に摂取したほうが効率よく働くのですが、とくに美肌に必要なビタミンBは、ビオチン、葉酸、ビタミンB6です。

 

ビオチンは、皮膚炎を治すビタミンとして発見された栄養素です。当初はビタミンHと呼ばれていましたが、いまではビタミンB群のグループになり、ビタミンB7に分類されています。

肌細胞の誕生から再生、さらにコラーゲンの生成に至るまで、さまざまな生体機能に関わっているビタミンですが、ビオチンが不足すると、皮膚トラブルが起きやすくなるといわれています。

ヒトの体内にあるビオチンの大半は、腸内細菌によって作られます。食品から摂取できるのは0.1mg程度なのですが、腸内細菌が生み出す量は20mgと圧倒的に多いのです。
つまり、腸内細菌の働きが悪ければビオチンの生成量も減ってしまい、肌荒れも起こしやすくなります。

ニキビができやすく治りにくい、かゆみや赤みなどが出やすい、白髪がすごく増えた、髪にツヤがない、抜け毛が多い・・・のような悩みがある人は、もしかしたらビオチン不足かもしれません。

食生活の偏りや腸内環境の乱れのほか、アルコールや喫煙、そして砂糖の過剰摂取なども、ビオチン欠乏の理由になるので気を付けましょう。

投稿者 フジタ整骨院 | 記事URL

フジタ整骨院 〒223-0058 神奈川県横浜市港北区新吉田東6-31-6 045-541-5625 駐車場/4台分ございます。
営業時間について 月曜日~土曜日・祝日 [午前] 9:00~1:00[午後] 3:00~7:00 休診日 日曜日 ご予約など、お問い合わせはコチラ

TOPに戻る