どんな症状も私たちにご相談下さい!

ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

2017年12月11日

賢い飲み方

お酒を“百薬の長”にするか、“百害”にするのかは、飲み方次第のようです。

忘年会シーズンには、つい飲み過ぎてしまいませんか?悪酔いしたり、二日酔いになったりしないよう、賢い飲み方があります。

 

定番の「とりあえずビール!」は、賢い選択です。アルコール度数が低いので、最初にビールを飲むのは正解です。強いお酒は脱水と利尿作用が高くなり、多くの水分が尿として失われます。また、体内のアルコール濃度が急激に高くなり、酔いやすくなります。

 

お酒の種類を変えるのは、酒好きの楽しみの1つですが、「チャンポンして、二日酔いがひどい」などは、チャンポン自体が悪い影響なのではありません。

ただ、お酒の種類を変えて飲んでいくと、口あたりが変化するためおいしく感じ、ついついお酒が進みアルコール摂取量が増えてしまいます。また、種類を変えているうちに、飲んだ量がわからなくなり、適量を超える危険性が高まり、悪酔いしてしまうようです。

 

いくつかのお酒を楽しんでも、最後の1杯は水やお茶、またはアルコール度数の低いお酒で終えるようにしましょう。強くて濃いお酒で終わってしまうと、夜中に脱水症状に陥りやすく、ひどい二日酔いの原因にもなります。

投稿者 フジタ整骨院

フジタ整骨院 〒223-0058 神奈川県横浜市港北区新吉田東6-31-6 045-541-5625 駐車場/4台分ございます。
営業時間について 月曜日~土曜日・祝日 [午前] 9:00~1:00[午後] 3:00~7:00 休診日 日曜日 ご予約など、お問い合わせはコチラ

TOPに戻る