どんな症状も私たちにご相談下さい!

ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

2017年06月16日

腸は第二の脳

季節の変わり目で気温が変化し、ジメジメとした梅雨に入ると、からだの不調や疲れが出やすくなります。何をするにも気分がのらない、だるさが続いている気がする、集中力が続かない…など、無気力な症状は強いストレスからだとも言われています。ストレスによる腹痛はありませんか?

 

腸は第二の脳とも言われ、ストレスによる不調は「腸」から改善できることも。

腸は人体における最大の免疫系組織であり、多くの神経系・内分泌系組織が集まっていることが分かっています。一方、脳は腸を動かすために生まれた、神経細胞が進化したものとも言われています。脳と腸は相互にメッセージを伝え合い、影響し合う関係にあり、“脳腸相関”と呼ばれています。脳がストレスを感じると、腸の動きが変化して便秘や下痢に、反対に腸の調子が良くなることで、脳がリラックスして熟睡できる…といったことがあります。

こういったことから、腸内環境を整えることでストレスを改善できる可能性があるとされています。ストレスによる不調を改善する働きが分かっている、乳酸菌を上手にとるのも良いそうです。

投稿者 フジタ整骨院

フジタ整骨院 〒223-0058 神奈川県横浜市港北区新吉田東6-31-6 045-541-5625 駐車場/4台分ございます。
営業時間について 月曜日~土曜日・祝日 [午前] 9:00~1:00[午後] 3:00~7:00 休診日 日曜日 ご予約など、お問い合わせはコチラ

TOPに戻る